病院でプロペシア入手する際のメリットとデメリット

医師の診断による安全性
AGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可されたプロペシアですが、日本での入手方法に決まりがあり一般のドラッグストアでの購入ができません。(http://www.crimeband.net/

2005年に厚生労働省がAGAの治療薬フィナステリドを日本で発売の認可を行い、誕生したのがプロペシアですが入手方法を限定したことで誰でも簡単に入手できない治療薬なのです。プロペシアは処方箋として認可された為、専門的な医療機関にて医師の診断を受けて使用しても問題がないと認められた場合にのみ処方されるのです。

処方箋に該当させた理由はいろいろあるのですが医師の診断が必要という事はプロペシアの代金は高いということです。もちろん診察費もかかってきますし保険適用もされませんのでプロペシアの錠剤自体が高価なのです。プロペシアの価格設定に決まりは無く医療機関で決めることが出来るので病院によって価格設定はバラバラのようです。

プロペシアの治療は長期間かかりますので少しでも経済的に考えるならいろいろな病院を調べて金額の安い病院を探してみるのも必要です。

診察費とプロペシアの代金
プロペシアが医師の診断が必要な処方箋になった理由として考えられる理由は副作用など症状がでる可能性がある治療薬だからです。副作用として挙げられる症状は性欲減少などいろいろあり1日の摂取量も1mgまでと決まっていますので、何の知識もなく摂取しつづけるのは健康を損なう可能性もある訳です。

しっかり医師に相談をして自分の体調にあった治療方法を見つけることが1番の目的であるAGAの治療としての最善な方法だということは間違えありません。AGAの治療ばかりに気をとられ無茶なプロペシアの摂取を行ってしまっては健康を損ない全く違う症状で悩んでしまう逆効果も考えられますのであせらずにしっかり治療しましょう。

自分に適した治療方法が医師に相談した結果見つけられる可能性が高いのですがプロペシアの代金が相場で1錠で約300円ほどしますので1ヶ月の診察費で考えると約10.000円~13.000円にもなってしまいます。短期間なら問題ない金額ですがAGA治療には長期間かかりますので経済的な負担が大きいのは最大のデメリットです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)